すべり台 お熱いのがお好き

2010.12.03 Friday

0
    8時半起床
    気功体操


    朝ごはん:
    卵かけごはん
    菊菜の白和え
    納豆
    梅醤鰹スープ(梅干・醤油・鰹節を湯で溶いたもの)


    お昼ごはん:
    辛み餅
     茹でた餅に大根おろし・茹でたエノキ・焼き海苔・ゴマと
     たれ(醤油・黒砂糖・みりん)をかけました。夫大絶賛。

    近所に75メートルのすべり台がある 
    という興味深い情報を入手し 行って参りました。

    清水寺公園というところにあります。高台になっていて良い眺め。

    これが噂のすべり台。

    入り口

    2時過ぎという時間帯のせいか
    昨夜の嵐のせいか
    私たち以外誰もおらず
    心置きなく滑ることができました。
    ただ、私、尾てい骨が出っ張っているので
    いたたたたた・・・とつぶやきながら75メートル滑ることになり
    お尻があつ〜くなりました。
    次回はダンボールか 小さめの座布団持参で滑ろうと思います。


    晩ごはん:
    スパゲッティでラーメン
     具:白菜 長葱 玉葱 スパゲッティ
     スープ:赤ワイン ゴマ油 ゴマペースト 塩 豆板醤 醤油
    鯖の煮付け(昨日の残り・魚屋さんの)
     
    近所にTSUTAYAはありませんが
    駅近くにポパイというレンタルショップがあります。
    嬉しいことに ここでは旧作(アダルトを除く)が
    いつでも100円でかりることができます。
    今日の映画は Some Like It Hot  邦題:お熱いのがお好き
    相蔵久人さん著「ジャズの歴史」という本で
    アメリカ禁酒法施行時代(1920〜1934)に ジャズが演奏された
    呑んで踊れる闇酒場の雰囲気がわかる映画としてオススメされていました。

    そんな目的で観始めたのですが
    映画としてとても楽しめました。
    中でもベーシスト役のJack Lemmonさんの演技がおもしろく
    この人出演のほかの映画も観てみたくなりました。
    そして、セクシーな女性ということしか知らなかったMarilyn Monroeさん。
    この人の魅力を始めて知る機会となりました。
    なんというか、とてつもなく愛らしい人です。
    豊満って素敵だなぁ…と羨んでみたり。
    こうしてSome Like It Hotは 
    最も好きな映画の一つに仲間入りしたのでした。

    映画のお供:
    ポップコーン と ピーナッツ
     炒るタイプのポップコーンは大量にできあがるので
     ボール大に盛ることにしました

    今日のお絵描き

    2010.02.07 Sunday

    0

      芯の滑りが良く、サラサラしっかり描けます。

      今日のお絵描き

      2010.02.06 Saturday

      0

        自分の気に入った物を絵にしようと思い立ちました。
        一つ目は、もう5年ほど使っているショルダーバッグ。

        京都・一乗寺にある曼殊院に行ってきました。
        襖の絵などを見て、線を描きたい欲が出てまいりました。
        コンセプトは、消さない・無駄ない・誤魔化さない。

        初雪

        2010.01.13 Wednesday

        0
          今日はホコリが多いなと思ったら
          雪でした。
          心楽しい。

          窓から見た空

          2009.12.04 Friday

          0

            晴れ空と雨雲の境目。

            窓から見た空

            2009.12.02 Wednesday

            0

              今日はこんな色です。


              ぶれたバージョン。
              これはこれでいいかも。

              窓から見た空

              2009.11.30 Monday

              0

                だいぶ前にも同じアングルで撮りましたが、
                毎日違う色でおもしろい。

                スペイン舞踏

                2008.10.20 Monday

                0
                  友人のスペイン舞踏を観てきました。
                  一年前と変わらず素晴らしいプロポーションと踊りをみせてくれました。
                  「続ける」って素晴らしい。
                  友人の勇姿とことば(+夫のことば)に原動力をもらい、私もそろそろ重い腰をよっこらと上げようと思います。年明けからこの10月あたりまで、よく休んだような心持がするので、がんばろうと思います。

                  着物

                  2008.10.02 Thursday

                  0
                    祖母から着物をもらったので
                    着付けを習いに行くことにしました。
                    友人に紹介してもらった着付け教室は
                    なんと家から歩いて2分の場所にありました。
                    とりあえず、一人で気軽に着物を着れるようになることを目標にがんばります♪

                    悪夢のエレベーター

                    2008.09.29 Monday

                    0
                      演劇を観て来ました。
                      「悪夢のエレベーター」
                      原作・脚本:木下半太 小説『悪夢のエレベーター』(幻冬舎文庫)より
                      演 出: ダンカン
                      出 演: 吹越満 片桐仁 中村倫也 高橋真唯

                      うっかりさんな友人が、出勤日の公演チケットをとってしまい、それを私目が横からいただきました。ぃやっほぅ。

                      見ず知らずの4人がエレベーターに閉じ込められた状態から話は進みます。うちの3人はかなり変わった人柄なのですが、、途中から大どんでん返し〜。

                      ダンカンさん演出のせいか笑えるネタが随所にあり、でもしっかりサスペンスでした。役者さんのアドリブとかもどの程度あるのか知りたくなりました。同じ演劇を何回も見るのもおもしろいでしょうね。宝くじ当たらないかな…

                      エレベーターの階数を表示する電光掲示と
                      エレベーターのドアと
                      階段
                      というシンプルな道具で素晴らしい演出がなされていました。光の当て具合でいろいろできるもんなんだなぁと深々と感心。
                      役者さん方は、超個性的な役柄をぴったり演じてらっしゃいました。やはりテレビで観るのとは大分違う。生だとさらに素敵です。

                      最後の挨拶でダンカンさんも出てこられました。
                      ダンカンさんといえばたけし軍団のイメージが強かったのですが、
                      くしゃっとした笑顔が素敵なおじさんになっていました。


                      ちなみに私も睡眠中「悪夢のエレベーター」をたまに見ます。
                      内容はいたってシンプル。
                      シャーーっと上まであがって、
                      ドーーンと下まで落ちます。