手仕事のアニメーション

2014.01.13 Monday

0

    手仕事のアニメーション」を観に、
    東京都写真美術館へ行ってきました


    1/26まで、アニメーション3作品をまとめて観ることができます。

    どの作品も味わい深くてぐっとくるものばかり。
    涙が目尻にじんわりきて焦りました。


    「ゴールデンタイム」では、
    テレビ君と自分を重ね合わせて見たりして。

    ブラウン管が取り除かれ、木の枠だけになったテレビ君が、
    月の光に映し出される自分の影を見つめる場面が好きです。

    穴のあいた自分を受け入れる事。

    足りない足りないと思っている部分を
    見ないようにするんじゃなくて、
    受け入れて、個性として生かす。

    まさに今の自分にしっくりくるお話でした。




    上映後に行われたトークイベントでは、
    それぞれの作品の監督、
    稲葉拓也監督と、アンマサコ監督の貴重なお話を聴くことができました。

    「描かない事には、作品はできないんですよね」

    という言葉が響きました。


    私の場合も、それだ。

    作らない(弾かない)ことには、作品(私の音楽)はできないんですよね。


    こんな素敵な作品を作っている人でも、
    作品作りに取りかかるのに
    腰を上げるのが大変だとおっしゃっていて、
    なんだか親近感を感じました(笑)

     

    明日への創作意欲をたくさんいただきました。
    ありがとうございましたはーと



    ランチおまけ



    上映会の後、
    恵比寿の美味しいピザ屋さんダ・ミケーレへ。
    大きくてめちゃくちゃ美味しいマルゲリータと、
    スーパードライのエクストラコールド(このビールも美味しい!)
    をいただく。

    御馳走様でしたペコちゃん

    コメント
    コメントする